看護師が医療現場で抱える悩みとして挙げられるのが、スタッフ間の人間関係でしょう。医療現場や介護現場では、スタッフ間のコミュニケーション不足が原因でトラブルに発展することがよくあります。

忙しい中で働いているため、指示内容が明確ではなかったり、丁寧に話を聞くべきときに後回しにしてほしいと言ったりする場合があるからです。また、コミュニケーションをとろうとしているのに、考え方が合わずに困るケースも珍しくありません。

医療や介護に対する意識が人によって違い、さらに看護師の場合は一人ひとりが自分自身の看護観を持っているからです。お互いに、自分なりの考えが正しいことを言っているつもりでも、意見が合わない場合にはトラブルになるのが明らかでしょう。

このようなスタッフ間でのトラブルは、同じ職場にいてもなかなか解決しません。職場の雰囲気が合わない場合や、同僚や上司と話が合わない場合などは、転職して別の職場で働くことも視野に入れることが大切です。

人間関係のあり方や、すべてに共通する看護観は職場によって異なります。自分と同じ価値観を持つ職場に転職できれば、スタッフ間でのトラブルの悩みは払拭できるでしょう。それと同時にコミュニケーションも密になり、些細なトラブルが起こりにくくなります。

ほかのスタッフと合わない悩みがあるときは、一度ほかの職場を見学してみるのが良い方法です。比較してみてほかの職場の方が自分に合いそうだと感じたら、転職して新天地で働くことを検討しましょう。